• 自毛植毛で移植した髪の毛は一生生え続けます

    自毛植毛は、男性型脱毛症によって毛母細胞が死んでしまった場合、投薬治療では毛髪を再生させる事が出来なくなった時に行われる治療方法です。
    この方法は、移植をする毛髪は自分の毛髪を使用して行うので拒否反応がなく、見た目も自然に生えている髪の毛に見えます。

    そして、移植を行った髪の毛は、この後は無くなることがなく、一生生え続けるというメリットがあります。



    また、自毛植毛を行った場合、この後のお手入れ等に特別な方法はなく、自然に生えている髪の毛と同じように頭を洗ったりする事が出来ます。この植毛で使われる髪の毛は、自分の頭の髪の毛ならどの部分でも良いのではなく、男性型脱毛症の症状が出にくい部分から移植を行います。
    この男性型脱毛症の影響を受けにくい部分は後頭部と側頭部の一部分しかないため、移植できる髪の毛はあまり多くはありません。
    また、移植を成功させるためには、髪の毛の毛根を採取する時に傷めないようにしなければいけません。
    自毛植毛は自分の髪の毛を使うために自然に仕上がり、一生生え続け、投薬治療では効果がでにくい時に行う事ができる治療方法です。しかし、植毛を行うためには自分の後頭部や側頭部の髪の毛を刈り上げる事になります。
    後頭部などの刈り上げた跡が分かり難くなるまでは、帽子などを使って隠すことになります。

    また、植毛の手術が成功しても、男性型脱毛症を抑える薬は手術以降も飲む必要があります。



    自毛植毛にはいくつか種類があり、それぞれの方法で痛みや手術跡の様子や治療に必要な金額が違ってくるので、植毛を行う時は医者と良く相談をして自分に合っている方法で治療を行う事をおすすめします。